2019年2月15日金曜日

トマト(放送日2月12日)

盛岡市中央卸売市場から旬の食材を紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!赤くてツヤツヤな野菜「トマト」です。


トマトの旬は?

暖かい所で育つ野菜なので7月~8月が一番多く出回りますが、市場に出回るトマトのほとんどがハウスで栽培されていて通年出回っています。
それで、寒い時期にもトマトが食べられるんです。(^O^)/


今の時期のトマトと夏の時期のトマト、違いは?

トマトは開花から収穫までの気温が積算で1000度必要だといわれています。
夏は暑く、水も必要になるのでみずみずしいトマトになります。
冬の時期に出荷されるトマトは、気温が低い中で育てるのでじっくりゆっくりと育ち、水分をそこまで必要としないので味が濃厚で、寒さで凍ってしまわないように甘みを蓄えるため,よりトマトに仕上がるんです。


今年のトマトのできは?

今年は晴れた日が続いているので色づきもいいですし、乾燥傾向が続いているので、味が凝縮された甘みの強いトマトに仕上がっています。


トマトには大きく分けて「大玉」「中玉」「ミニトマト」があります。

栃木県産 「大玉トマト」
栃木県では年明けから春にかけて出荷される「冬春トマト」の栽培が盛んなんです。
寒い中じっくりと時間をかけて栽培された冬春トマトは、甘くて実が締まって美味しいんです。!(^^)!

千葉県産 「中玉トマト」「ミニトマト」
ミニトマトは包丁で切り分けたりせず、洗ってすぐに食べられるのが特徴で、サラダやお弁当の彩りにもよく使われるかと思います。
中玉トマトは栽培するときに、土ではなく水はけのいいヤシガラを使うので、余分な水分が実にいかず、濃厚な甘さを楽しむことができます。

〝 では、中玉トマトをいただいてみま~す (^.^)/~~~ ″


(´~`)モグモグ 甘さが濃厚!

≪ トマトの選び方 ≫


・ 全体が赤く色づいているもの。光を当てたときに、光るようなツヤがあるもの。

・ ヘタが緑色でピンとしているものが新鮮です。


≪ トマトの保存方法 ≫

暖かいところでよく育つ野菜なので、冷蔵庫には入れず常温で保存するのが良いでしょう。

表面に水滴がついたままにするとそこから傷むので、食べる直前に洗うことをおすすめします。


今回紹介した食材を使ったレシピミニトマトメンチカツは、NHK盛岡放送局ホームページ掲載されています。



(*^-^*)


本日お届けしたのは、丸モ盛岡中央青果(株)西田 裕紀さんとNHK伊藤 歌純キャスターでした。

「とれたて市場だより」は月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2019年2月19日)放送予定は「ヤリイカ」です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。




2019年2月12日火曜日

キウイフルーツ(放送日2月5日)

盛岡市中央卸売市場から旬の食材を紹介する「とれたて市場だより」。本日紹介する食材は、さわやかな酸味が特徴の「キウイフルーツ」です。


国内産のキウイフルーツ

キウイフルーツといえば輸入物のイメージが強いですが、最近は国内産のキウイフルーツが多く出回っています。国内産は12月から春先の4月頃まで出回ります。いまは出荷の最盛期を迎えています。主に、愛媛県、福岡県、神奈川県で栽培されています。


で き ば え  

 量 平年よりやや多め  小玉傾向 味良好

こちらの品種は、「ヘイワード」

果肉は 鮮やかな緑 甘みとともに 酸味もある


たわら型をした ヘイワード は鮮やかな緑色をしています。味は甘みとともにしっかりとした酸味があります。未熟なものは酸味が強いですが「熟す」ことでに甘さとのバランスがとれてきます。


「熟す」追熟 が たいせつです!!

「追熟」がおいしく食べるポイントになります。少し時間をおいてやわらかくすると「果汁」も多くなります。さらに香りも出てきます。


「やわらかく、おいしさが増していることが確認できます。」

 追 熟 方 法 

20度前後の場所に置くりんごと一緒に保存袋へ

食べ頃の目安

上下の部分のやわらかさを確認

追熟が寒い時期は遅いので早く食べたい方は、お試しください!

おすすめの切り方(くし切り)


キウイは下の部分が “ 一 番糖度が高い ”くし切りがおすすめ

甘さと酸味をバランスよく味わえます!

追熟が必要がないキウイフルーツもあります。


出荷量全国一位の愛媛県では、追熟したキウイフルーツとかたいままのキウイフルーツを出荷しています。

熟したキウイフルーツは、ハーフカットがおすすめ   


スプーンでいただきましょう
果汁がたっぷり"酸味と""甘さ"のバランスが良いです。

キウイフルーツの栄養



キウイフルーツにはビタミンCや食物繊維、たんぱく質など栄養がたっぷり含まれています。特にビタミンCはみかんのおよそ2倍あります。冬を元気にのりきる源としてたくさんいただいてほしいですね。

今回しょうかいした食材を使ったレシピキウイ白玉ぜんざいは、NHK盛岡放送局ホームページ  掲載されています。



本日お届けしたのは、丸モ盛岡中央青果(株)北田 光博さんとNHK渡邉 真佑子キャスターでした。

「とれたて市場だより」は月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2019年2月12日)放送予定は「トマト・ミニトマト」です。
※国会中継で休止になる場合があります。ご了承ください。

2019年2月1日金曜日

春海藻(放送日1月29日)

盛岡市中央卸売市場から旬の食材を紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!寒い今の時期に旬を迎える「春海藻」です。

上が早どりわかめ、左からまつも、ふのり、生のり
春海藻というのは海藻のいわゆる初物のことです。
12月末から1月にかけて収穫が始まり、暦の上で春となる2月にピークを迎えます。
乾燥させたものや佃煮などにした海藻ももちろん美味しいのですが、この時期にしか食べられない生ならではの磯の香りや歯ごたえをぜひ楽しんでいただきたいです。


≪ 早どりわかめ ≫




わかめを大きく成長させるためには「間引き」という作業が必要で、その間引かれたものが早どりわかめです。
よく目にするわかめと比べて短くて柔らかいのが特徴です。
地元の人の間では春の訪れをつげる味として親しまれてきました。

乾燥されたものや塩漬けされたものは年中出回りますが、柔らかくてしゃきしゃきの早どりわかめは、今の時期にしか味わうことができません。
茎まで食べられますので、そのまま丸ごと湯通ししてから、食べやすい大きさに切って召し上がってください。
湯に入れた瞬間、色が鮮やかに変わるのも特徴です。ぜひ試してみてください (^O^)/

湯に入れると鮮やかな緑色に

〝 食べてみま~す !(^^)! ″
シャキシャキ!磯の香りがフワッと広がっておいしい!


今年のわかめは海水温が高かった影響もあって、成長が遅く、収穫量は今の段階では少なめですが、これから温度が下がっていくと成長が進み、収穫量も増えてくると思います。


≪ まつも ≫


主に岩などに生息する海藻。
見た目が松の小枝のように広がることからまつもと呼ばれるようになったそうです。
海藻の王様とも言われるほど風味が良く、特に生のまつもはさらに香りと風味がよいです。

≪ ふのり ≫



名前の通り、のりとして使われることもある海藻です。
食感に特徴があり、乾燥させたふのりはシャキシャキしていますが、この時期のものはぷりぷりとした食感です。
赤い色と食感を生かして料理のアクセントにするのもおすすめです。

≪ 生のり ≫



のりといえば乾燥させたものや佃煮にして食べることが多いと思いますが、この生のりもおいしいです。
生ならではの豊かな磯の香りと、とろっとした口当たり、そしてこりこりとした食感はやみつきになります。

春海藻おすすめの食べ方は?

そのまま三杯酢やポン酢などでたべるのもおいしいですし、あたたかい味噌汁や澄まし汁に入れると、湯気と一緒に磯の香りが広がるのでおすすめです。

生のものは日持ちしませんので、買ってきたら早めに食べきるようにしましょう (^.^)/~~~


今回紹介した食材を使ったレシピわかめと生のりあえ物は、NHK盛岡放送局ホームページ掲載されています。


今の時期ならではの味。存分に楽しんでみてください。!(^^)!

本日お届けしたのは、盛岡水産(株)広瀬 大さんとNHK伊藤 歌純キャスターでした。

「とれたて市場だより」は月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2019年2月5日)放送予定は「キウイフルーツ」です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2019年1月25日金曜日

寒じめほうれん草(放送日1月22日)

盛岡市中央卸売市場から旬の食材を紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!この時期しか味わえない冬野菜「寒じめほうれん草」です。


岩手県産
一株、両手に持ってはみ出るほどの大きさ

寒じめほうれん草は、12月~2月頃まで出回る冬野菜で、今出荷のピークを迎えていま
す。


9~10月頃にタネが植えられ、10~15度に保たれた農業用ハウスで栽培します。










その後、適度な大きさになったら、ハウスの裾を開けてあえて寒さにさらします。ここが一般的なほうれん草と違うところです。










寒さに耐えるため葉が縮み厚くなり、葉の中の糖分などを蓄えていくので甘みが増していきます。葉の形や厚さは寒さに耐えておいしくなている証拠 (^O^)/
葉が縮んでいることで味がぎゅっと締まって濃く、肉厚で食感がよく食べ応えがあります。

寒じめほうれん草の糖度はおよそ8度~10度で、農協によっては糖度が8度以上あるかを確認してから出荷しています。
加えて寒さによって栄養分にも影響を与えていて、ビタミンCは、夏場のものと比べると3倍ほどと高まります。


≪ ほうれん草を選ぶポイント ≫



・ 葉 → 色ムラのない濃い緑色のもの。
・ 根 → 黒ずんでいない白っぽいもの。
・ 茎 → 黄緑色のもの。

日数がたつと黄色くなってきますので、買ったあと使いきりの目安にしてもいいかもしれないですね。(^O^)/
 
  
≪ 栄養などを逃さない調理のポイント ≫

寒じめほうれん草のおいしさや栄養を逃さないためにおすすめなのは

   👉 〝 蒸し煮 ″ 

※ 下ごしらえの注意点 ⇒ よく洗うこと



地面に這うようにして成長するため砂や土がたくさんついていることがあるので、水でしっかり洗い落とします。

【蒸し煮のポイント】




・ 水気はある程度残して塩を振ります。
・ 鍋には5ミリ程度水をはり、沸騰させる。
・ 根を下にして入れ、弱火で全体に火が通るまで蒸し煮します。

蒸し煮にすることで、栄養の流失が少ないほか味や甘みが増します。
根の赤い部分は捨てがちですが、ここにも栄養が詰まっているので細かく切ってすべて食べられます。

〝 食べてみま~す (*^-^*) ″


やっぱり、とっても甘い!
一般的なほうれん草に比べると苦みが少ないので食べやすいです !(^^)!


今回紹介した食材を使ったレシピ巣ごもり常夜鍋は、NHK盛岡放送局ホームページ掲載されています。


いま、一年で一番寒い時期で甘みも増しています。
皆様もぜひ食べてみてください (^.^)/~~~


本日お届けしたのは、丸モ盛岡中央青果(株)花田 優さんとNHK渡邉 真佑子キャスターでした。

「とれたて市場だより」は月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2019年1月29日)放送予定は「海藻」です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。










2019年1月21日月曜日

いよかん・ポンカン(放送日1月15日)

盛岡市中央卸売市場から旬の食材を紹介する「とれたて市場だより」。本日紹介する食材は、つやのあるオレンジ色、甘酸っぱい香りの「いよかん・ポンカン」です。

愛媛県産の “ いよかん・ポンカン ”

🍊右が いよかん・左が ぽんかん です。
これらは「晩柑類」と言い、年明けから5月頃にかけて出回ります。みかん以外の柑橘類に属します。本日ご紹介するものどちらも愛媛県では収穫されたものです。これらは寒さに強くないので比較的暖かい場所で栽培されています。

ことしのできは、甘くておいしい

今年の冬は全国各地で暖冬傾向ででした。いよかんとポンカンにとってはいい環境で、いつもと比べると、より甘くて美味しく出来上がっています。



晩柑類にはたくさん種類があります。これから 清見・せとか・でこぽん などが入荷し出回ります。それぞれの特徴があります。味をくらべて食べてみるのも楽しいですね!

🍊ポンカン

皮は濃い橙色で、皮と実との間に隙間ができていて
むきやすい  中の袋ごと食べられる 果汁は少く味が濃い  酸味が少なく甘くて美味しいです。

伊藤アナ感想;「甘いです!果汁が少ない分濃厚な味が広がります。」

🍊いよかん

皮は 艶のある濃い橙色で、やや厚いですが、比較的むきやすい 果汁たっぷりでジューシー 甘酸っぱくていい香りが強い 中の袋は少し厚めなのでむいて食べると良いでしょう。
試 食

伊藤アナ感想;「酸味が最初にきますね、その後に果汁が広がり最後に甘さがきます。」

🍊選ぶポイント
見た目はハリがあってツヤがあり、均一に色づいているもの
持った時に、ずっしりと重みがあるものが果汁も多い
「ずっしりと重いもの!」

すっぱい ”と感じたときは…



酸味があるときは ....”
以前、みかんではすっぱいと感じたら少し置いておくと “ 酸 味 ” が抜けると教えていただきました。いよかん や ポンカンも同様で、酸味はそもそも少ないものなのですが、すっぱいと感じた場合、置いておくと酸味は抜けます。ただ、水 分 が抜けてしまいやすいです。せっかくの果汁を味わうためには買ってきたら早めに食べるのがおすすめです。

水分が抜ける前に 早めに召し上がれ!


今回紹介した食材を使ったレシピいよかん スイートグリルは、NHK盛岡放送局ホームページ  掲載されています。

これからの寒い時期もこの柑橘類を食べて乗り切りたいですね

本日お届けしたのは、丸モ盛岡中央青果(株)加藤 清治さんとNHK伊藤 歌純キャスターでした。

「とれたて市場だより」は月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2019年1月22日)放送予定は「寒じめほうれんそう」です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。