2016年5月12日木曜日

ウニ(放送日5月10日)


盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!実がギュッと詰まった 『ウニ』


今年もウニのシーズンがやってきました。
4月後半から水揚げが始まり、三陸各地はこれからが本格的な水揚げのシーズンです。
震災により被害を受けた県内産のウニも、震災前に近い状況に戻ってきています。今日は洋野町で水揚げされたものを用意しました。

<三陸のウニの特徴>
①三陸で水揚げされるウニのほとんどはキタムラサキウニという種類です。
②実が黄色く磯の香りが強いのが特徴です。

プルプルです!口の中で一瞬でトロケテしまいます!
<おいしいウニの見分け方>
①むき身のものの場合 粒子の立っているもの。黄色みが濃く、黒ずんでいないもの。
②殻付の場合 トゲが硬く、口の部分がしっかり閉じているものが新鮮。

ウニはやっぱり生食がお勧めです。定番ですが贅沢にウニ丼なんていいですね!

一手間加えて
一味違った味わいを楽しめるウニ丼

<作り方>
①炊き立てのご飯に、ごま油・シソの葉・白ゴマを混ぜて丼ぶりに盛ります。
②ちぎった海苔をかけて、その上にウニをたっぷりのせ、ワサビ醤油を掛けたら完成です。




シソを入れることでさっぱりとした味わいになります。また、ゴマ油の香りがウニの生臭さを抑えてくれるので臭いが気になる方にもおすすめです。
  
ウニの天ぷら


<作り方>
①ウニをしっかりと水切りします。
②海苔でウニを包み、端に水をつけて止めます。
③水で溶いた天ぷら粉をまぶし、160℃の油でさっと揚げます。


お酒のおつまみに最高です!(*^。^*)
火を通すことでウニの臭みが和らぎます。表面がカリッ!中がトローンとして絶妙な食感がたまりません!


新食感ですね!海苔で磯の香りも増します。お酒も進みますね。

三陸産のウニは8月中旬ころまで楽しめます。今はまだ高めですが6月中旬ころになると例年並みの価格に落ち着いてくると思います。


高級なウニ!だからこそアレンジして色々な味わい方を楽しみたいですね。
(^o^)丿

ちなみに!
ウニは、主な栄養源としてビタミンAアミノ酸などを豊富に含んでいます。そのため、動脈硬化の予防や高血圧・貧血の予防にも効果があります。ただし、コレステロールも多いので食べ過ぎには注意が必要です。


本日お届けしたのは 盛岡水産(株)佐々木 優さんとNHK伊藤 彩キャスターでした! 

「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2016年5月17日)放送予定は 「メロン」 です。

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿