2016年11月30日水曜日

みかん(放送日11月22日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!鮮やかなオレンジ色、甘酸っぱい良い香り♪  「みかん です。




これからの季節、こたつでぬくぬく・・・
そこに欠かせないものと言ったら、やっぱり「みかん」!

お店でもみかんをよく見かけるようになりましたが、いま出回っている品種は、早生品種が主流です。

今年は夏場の気温差があまりなく、実の色づきは例年よりすこし劣ります。しかし、その分気温が高い日が続いたおかげで、甘くておいしいみかんができています。

きょうは、長崎県産のものを用意しました。


≪早生品種の特徴≫

・ 酸と甘さのバランスがよく取れている。

・ 一粒当たりの水分量も多く、みずみずしい上に、皮が薄くて食べやすい。


≪おいしいみかんの選び方≫




・ 持った時にに重みがあるもの。

・ 皮にハリがあり、表面のつぶつぶがはっきりしているもの。

・  へたの切り口が小さいもの。

※ 早生みかんは皮が薄く、あまり日持ちしないので早めに食べるのがおすすめです。


≪熟れやすい早生みかんをおいしく消費できるレシピのご紹介♪≫


『あったかみかんラテ』




【作り方】


① 皮をむき、袋ごと白い筋が残ったみかんを、ひとつそのままミキサーにいれます。

② 200mlの牛乳を入れ、ミキサーにかけます。
 
 ③ その後、鍋で温め、お好みの砂糖の量を入れたら完成!













早生品種は甘みと酸味のバランスがいいので、さっぱりおいしく味わえます。


飲んでみま~す♪♪(^_^)/


すっきりしていて飲みやすい!

みかんのつぶつぶの食感がしっかり残っていて、牛乳のまろやかな味もして、体も温まります。

ビタミンCも豊富なので、風邪予防にも良さそうです。


≪果汁が多い早生みかんの特徴が活かされたレシピのご紹介♪≫




みかんの上にきれいなオレンジ色のみかんのスライスがかわいい!

『みかんの逆さまケーキ』



【作り方】

① バター、砂糖、卵、細かく切ったみかんの皮を加えて混ぜます。

② 小麦粉と、ふるいをかけておいたベーキングパウダーを混ぜます。

③ 型の底にみかんをスライスしたものを置き、②を流しこんだら、180度に予熱しておいたオーブンで30分ほど焼いて完成!



お好みで、みかんの搾り汁と砂糖で作ったシロップをかけて食べてもおいしくいただくことが出来ます。

見た目も楽しめるので、ちょっとしたおもてなしデザートにも良いと思います!


≪みかんの保存方法≫

・ 冷蔵庫には入れないこと。
(低温障害を起こして、傷んでくる場合があるため、風通しがいい冷暗所に置くのがいい。)

・ 箱ごと保管するときは、箱を裏返して底のものから食べること。
(流通の時点で底のものに負担がかかってしまいつぶれたりしているので、早めに食べた方がよい。)


ちなみに・・・

食べるときに内側の袋をむく方もいらっしゃると思いますが、袋の部分には実は食物繊維がたっぷりなので、そのまま食べるのがおすすめです !





みかんと一言にいっても、いろんなレシピがありますね。

いまが早生品種ということで、これからいろいろな品種が出回るということです。

楽しみです♪ !(^^)!
   


(^_^)/




本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)浅沼 一志さんとNHK伊藤 彩キャスターでした!



「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。



皆様ぜひご覧ください。



次回(2016年11月29日)放送予定は 「大根」 です。

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。






0 件のコメント:

コメントを投稿