2016年12月12日月曜日

タラ(放送日11月15日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!この時期 「タラ」 す。 

漢字で書くと「魚へんに雪」⇒『鱈』。雪の降り始める季節に旬を迎えることが、字の由来となっていといわれています

鍋物が恋しい季節、鍋にピッタリな魚!タラのおいしい時期がやってきましたね!

今月からが本格的な旬です。主に東北から北海道にかけて水揚げされます。今は、海水温が高くなっているため、例年より少ない水揚げとなっていますが、気温がグッと下がるこれからの季節にかけて徐々に増えていくと思います。今日は宮古港で水揚げされたものを用意しました。


タラと言えば、白子も美味しいですよね。
丸ごと一尾買う時は、白子を持っているオスが断然お得です。白子の有無をたしかめてから買うのがおススメです。
よく成熟した白子

普段は切り身を買うことが多いですね。切り身を買う時や調理をする時のポイントをご紹介します。

切り身を買う時
身に透明感があってややピンク色のものを選びます。鮮度が良い証拠。

調理をする時のポイント
タラの身は、火が通りやすいです。身が崩れやすいので、いただく直前にさっと加熱するのがススメ。タラ本来の持つ上品な味や風味を残すことが出来ます。

さあ、そのポイントを活かして、タラの上品な味を楽しめる鍋料理がこちら。

 「昆布だしでいただく!タラの寄せ鍋」 


<作り方>
①昆布は半分に切って、縁に切れ目を入れ、水とともに鍋に入れて中火にかけます
②泡が出てきたら弱火にして沸騰直前に昆布を取り出します。酒・醤油・みりん・塩を入れます。
③タラは水洗いし、塩をふって10分ほど置き水気を切ります。
④白子は食べやすい大きさに切り、濃い塩水に15分ほど置きます。
⑤お好みの野菜を入れて火が通ったら、タラと白子を入れ、煮込んで完成です。

昆布だしを使い薄味にすることで、タラ本来の淡泊で上品な味を活かすことが出来ます。さらに白子を加えることでまろやかな味わいになり、風味豊かになります。


体もポカポカ、クリーミーな白子薄味の鍋は、素材の味を味わえます。


そしてもう一つ。鮮度が落ちやすいタラを長く楽しめるレシピです。
 「タラの炊き込みごはん」 

<作り方>
①米は洗って水気を切り、炊飯器に入れます。
②醤油・酒・みりん・顆粒ダシを加えて、水を注ぎ、30分置きます。
耐熱容器にタラを入れてラップをかけ、電子レンジで2分加熱します。
④皮と骨を取り除き、大きめにほぐします。
⑤炊飯器にタラ・生姜を加えて炊きます。
⑥炊き上がったら、万能ネギを散らして完成です。

ほろほろになったタラがご飯と絡み、食べ応えがあります。おいしい!
冷凍もしておけるので、タラの風味を長く楽しめるレシピです。
時間が無いときのご飯にもピッタリ。

(^o^)丿
タラは高タンパク低脂肪低カロリーさらに余分なコレステロールを排出するタウリンも豊富。忘年会シーズンで,食事をする機会が増えてくるこの時期にピッタリの食材です。
 
本日お届けしたのは 盛岡水産(株) 佐々木 優さんとNHK伊藤 彩キャスターでした!



「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。



皆様ぜひご覧ください。




次回(2016年12月13日)放送予定は 「イチゴ」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください

0 件のコメント:

コメントを投稿