2017年11月20日月曜日

タラ(放送日11月14日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。

本日紹介する食材は!全長1メートルほど、重さは20キロになるものもある立派なタラ。日本近海ではおよそ90種類のタラが獲れるということです。
その中の代表格  「真鱈(まだら)」 を紹介します! 


写真はメスです。
 
タラは魚へんに雪と書きます。初雪が降りだすころに獲れ始めることから、この成り立ちになったと言われています。この季節には欠かせない魚ですね!


今月に入って宮城・岩手の三陸沖や北海道の根室などで水揚げされています。現在の量は比較的少なめで、価格も例年より1~2割ほど高め傾向です。しかし、ピークを迎える12月以降は量も増えてくると思うので、価格も安定する見込みです。

<旬の真鱈の特徴>
この時期は、産卵前で栄養をたっぷりと蓄えているため、身がふっくらとしています。これから12月以降はより脂ものってきます。
そして、真鱈の旬は白子の旬でもあります。オスの精巣である白子もこの時期は濃厚で甘く、食べ応えがあります。

           旬のタラ 
          ・身がふっくら 脂も乗ってくる
          ・白子も濃厚 甘い



通常は切り身として売っていると思います。 切り身と白子。実際に買う時には、どのような点を見ると良いでしょうか

<購入する時のポイント>
切り身は身や皮の色を見るのがポイントです。身に透明感があり、ほのかにピンクがかった弾力のあるのが鮮度の良い証拠で、皮も白っぽくなっていないものを選ぶと良いでしょう。
また、白子は、溶けかけていない形の良いものを選ぶようにしましょう。

        購入する時のポイント 
       切り身 透明感があり、ほのかにピンクがかった弾力のある物
       白 子 溶けかけていない 形の良い物


タラと言ったら鍋料理、煮付けと、どんなお料理でもおいしくいただけます。


タラは他の魚と比べて水分が多い魚です。そのため煮崩れを起こしやすいです。調理前の下処理で水分を取っておくことで、煮崩れしにくくなります。

           調理する時のポイント 
調理前に水分を取る ⇒ 煮崩れを防ぐ

<簡単な下処理のご紹介>
タラ全体に塩をふって、ラップに包みます。10分程置くと、余分な水分が出てきます。料理用ペーパーでふき取り下処理完了です。
この下処理をしたタラを使った、おいしい料理をご紹介します。

  「タラとジャガイモのミルク煮」 

作り方
・タラに小麦粉をまぶし、フライパンで焼く
・バターでニンニク・玉ネギ・ジャガイモを炒める
・焼いたタラを入れ、牛乳・コンソメ・ローリエ・塩コショウを加えて10分~15分煮込む
・最後にパセリをふりかけて完成です。

タラはサッパリとした淡泊な味が特徴ですので、味付けはしっかりとつけるのがおススメです。また、タラにはカルシウムの吸収率を高める「ビタミンD」がたっぷりと含まれているそうです。乳製品と組み合わせることでカルシウムを効率よく摂ることができます。

          ビタミンD豊富 
         タラ+乳製品 ⇒ カルシウム吸収率UP⇗⇗⇗

チーズなどを加えてトロッと仕上げてもおいしそうですね~!

そして白子も旬です!

白子は、濃厚でクリーミーな味わいを楽しんでほしいので、味付けはシンプルが鉄則です。

白子を湯がいてポン酢やレモンをかけて食べて下さい。お好みではありますが、塩をふってから湯がくとプリプリとした食感が引き立ちますよ。

            湯がく時のポイント 
           塩を振ってから湯に通す ⇒ プリプリ食感に

試食してみます !白子をポン酢につけた物です。


トロッとして甘みがあります!

白子、そのままでもおいしいですが天ぷらもおいしいですよね!

 「白子の天ぷら」 

作り方
・白子に塩をまぶしてヌメリを取りましょう。
・水気を取って、片栗粉をまぶします。
・天ぷらの衣をつけて、さっと油で揚げます。

        揚げるときのポイント 
       片栗粉にまぶしてから衣をつける ⇒ カラッとした仕上がりに

お好みで塩やポン酢をつけてお召し上がりください。
天ぷらを試食してみます。
サクサクの衣の中にトロっとした白子がおいしいです。旨味が凝縮しています。
天ぷらも試食!自然に笑顔が(^O^)

旬のタラは、身も白子もどちらもおいしいですね。おいしいタラをたらふく食べて、英気を養おうと思います。

( ^)o(^ ) たらふく食べてね!  <+ ))><< 
タラの旬は来年2月頃まで続きます。身も白子もおいしいタラですが、実はアラも旨味がギュッと詰まっています。スーパーや鮮魚店などでは、この時期、アラも買うことが出来ますので、是非、季節の野菜などをたっぷりと入れてアラ汁にしていただいて欲しいと思います。捨て所の無いタラは様々な料理で活躍します。



本日お届けしたのは 盛岡水産(株) 佐藤 彩斗さんとNHK 渡邉 真子キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。



皆様ぜひご覧ください。



次回(2017年11月21日)放送予定は 「りんご」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください



0 件のコメント:

コメントを投稿