2018年1月16日火曜日

干し柿(放送日1月9日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。

本日紹介する食材は!水分が抜けて甘みがぎゅっと詰まった「干し柿」です。


食べごろを迎えています!


干し柿は、毎年12月~3月ごろにかけてピークを迎えます。
9月中旬の生柿の出荷時期と同時に、干し柿の作業も始まります。干し柿は、主に渋柿を乾燥させていて、太陽の光をゆっくり当てて水分を抜いていくことで、渋みが抜けてだんだんと甘くなっていきます。

今シーズンは、寒くなるのが早かったため乾燥が進み、固さも甘さも良好です。
気温が高すぎると、柿の渋みが戻ってしまったり、柔らかすぎてしまったりしますが、気温の低さのおかげでおいしい干し柿に仕上がり、出荷も平年並みとなっています。

きょうは、3種類の干し柿を用意しました。


≪ 福島県産のあんぽ柿 ≫

 
あんぽ柿は、皮をむいて寒風に当てた後、天日にさらし、遠赤外線で水分が50%程度になるまで調整します。
中は半生状態でやわらかいのが特徴です。


≪ 山梨県産の枯露柿(ころがき) ≫

 
枯露柿は、水分が25%~30%になるまで乾燥させるため、実が引き締まって、あんぽ柿に比べてやや固めです。
表面にブドウ糖である白い粉がしっかりとついているものは、甘い証拠。
枯露柿は、ねっとりとした干し芋のような食感が特徴です。

 

 ” では、食べ比べてみま~す (*^_^*) ”


「あんぽ柿」はすぐとろけ、柔らかく、「枯露柿」はグミのようで、歯ごたえがありどちらもおいしい (^_^)/


あんぽ柿は、冷蔵すればゼリーのような食感を楽しめますし、冷凍すればシャーベットのようにして味わうこともできます。

クリームチーズをサンドしたり、ヨーグルトのトッピングとして入れても相性抜群です。酸味のある食材と組み合わせると、あんぽ柿の甘さが酸味を和らげてくれます。 


≪ 長野県産の市田柿 ≫

 
縦の長さが4~5センチで、他の柿と比べるとやや小ぶりです。
長野県を中心に栽培される「市田柿」という品種で作られていて、表面の白い粉が細かく繊細で、見た目が美しいのが特徴です。
あんぽ柿と枯露柿の間をとった、ほどよい甘さともっちり感があり、食べやすいと好評です。

この市田柿は、料理の中に加えてもおいしいです♪


『市田柿の卵焼き』

塩やダシの風味と、カキの甘さがマッチ!

 作り方 

● 卵・塩・砂糖・白だしを混ぜます。
● フライパンで半熟状態に焼き、市田柿を入れて卵で巻きます。
● 残りの卵液を入れて、巻いた卵にさらに重ねて巻いていき、形を整えたら完成!

砂糖の甘さを市田柿の甘みで代用できるので、砂糖は少量で構いません。
冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめですよ (^_^)/


『市田柿の天ぷら』



 作り方 

● 市田柿を食べやすい大きさに切る。
● 天ぷら粉に水と青のりを加えて混ぜます。
● 170度の油に、とき粉にくぐらせた市田柿をゆっくりと入れて、じっくり揚げたら完成!

抹茶塩などで食べても、ダシで食べても最高です。
天ぷら饅頭のようなデザート感覚でおいしくいただけます !(^^)!


柿は、栄養価の高い食材といわれていますが、干し柿もビタミン類や食物繊維がたっぷりと含まれるそうです。また、エネルギー量も生柿に比べて高めで、保存食としても重宝されています。

それぞれの干し柿、食感も甘みも違いますから、この旬の時期、皆様も食べ比べをしてみてはいかがでしょうか (^_^)/


!(^^)!


本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)加藤 清治さんとNHK渡邉 真キャスターでした!

「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。


皆様ぜひご覧ください。


次回(2018年1月16日)放送予定は 「寒じめホウレンソウ」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください



0 件のコメント:

コメントを投稿