2018年6月14日木曜日

さくらんぼ(放送日6月12日)

盛岡市中央卸売市場から旬の食材を紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!まるくてプリッとした果物「さくらんぼ」です。

山形県産 「佐藤錦」
今週に入って、本格的に出荷がスタートしていますが、ことしは適度な日照時間と雨のおかげで生育が順調に進み、例年よりも1週間から10日ほど早くなっています。

ことしの出来栄えは、見た目・味ともに良好です。!(^^)!

さくらんぼは、雨に弱い果物で実が割れて腐ってしまうことがありますが、ことしは雨による影響もなく、見た目はツヤがあり立派です。
春先から初夏にかけて、適度な寒暖差もあったため、色づきも進み、糖度も増しておいしいさくらんぼに仕上がりました。


🍒佐藤錦の特徴🍒  ※佐藤錦は「さくらんぼの王様」ともいわれています。

山形県産の佐藤錦は、全国でも出荷量が1番多く人気が高い品種です。

薄い紅色に色づいた大粒の実はやわらかく、ジューシーで、糖度およそ18度前後ととても甘いですが、そこにほどよい酸味も加わって上品な味わいです。

では、食べてみま~す。 (^.^)/~~~

甘い!あとから酸味も加わりさっぱりとしています。
おいしい😋
さくらんぼは、傷みやすく日持ちもしにくい果物なので、買ったらなるべくその日のうちに食べるのがおすすめですよ!

🍒さくらんぼの保存のポイント🍒

※温度差に注意※

   急激な温度変化に弱い果物なので、傷みやすいです。

・保存場所 ⇒ 冷蔵室より「野菜室」へ(冷蔵室に比べて温度が高い)

・新聞紙や料理用ペーパーなどに包み、水分を逃がさない。
  (冷蔵庫は水分が奪われる可能性がある)


野菜室では2、3日ほど保存できますが、日を追うごとに旨みが抜けていくため、出来る限り早めに食べましょう。


🍒おいしいさくらんぼの選び方🍒



さくらんぼのじくが青々しいもので、実は色付きがよく張り、ツヤのあるもの

しおれていたり、反対に水分を含んで割れてしまったりしているものは鮮度落ちの可能性があるため避けましょう。


今後、6月下旬頃からは県内産のさくらんぼも味わえるということです。

皆様も、旬の短い夏の貴重な果物、おいしいさくらんぼを味わってみてはいかがでしょうか。(^O^)/


今回紹介した食材を使ったレシピ、さくらんぼのパンプディングは、NHK盛岡放送局ホームページに掲載されています。


(*^-^*)

本日お届けしたのは、丸モ盛岡中央青果(株)加藤 清治さんとNHK渡邉 真佑子キャスターでした。

「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひごらんください。

次回(2018年6月19日)放送予定は 「アユ」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。









 

0 件のコメント:

コメントを投稿